福井市社地区(久喜津町)で0歳~5歳児までをお預かりする「めぐみこども園」です。

テーマ ‘木育’ のアーカイブ

木のおもちゃ博2017
テーマ 園より ,木育
当めぐみこども園も協力させていただいている【木のおもちゃ博】今年度も教育としての木育カリキュラムを実施します。皆さま是非お越しください!!

下記文面引用
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
さあ今年もやってきました!!!
【木のおもちゃ博~ふくい木育キャラバン】
会場:福井県産業会館1号館・本館1、2階展示場(入口は本館)
開催日時:平成29年6月24日(土)25日(日)10:00~17:00
♯西日本最大級の木遊び体験!!
昨年27000人ものお客さまにお越しをいただいた壮大なスケールの遊びの祭典です!!!
ことしの特長は
♯おもちゃ遊び昨年の2倍
♯ワークショップボリュームアップ31ブース
♯全国有名おもちゃ作家ワークショップ大集合
♯アクティブキット新登場(木の巨大滑り台・ジャングルジム・カンナくずプールなど)
♯ステージイベント多数開催(クラシック・かこさとし絵本読み聞かせ・カプラチャレンジ・つみぼぼ選手権 など)
♯飲食店10店舗大集合
♯駐車場300台UP
とにかく1日中遊べる内容盛りだくさん!!
当日は、【赤木】赤ちゃん専用のエリアも設けています!!
福井県、福井市、教育委員会などの行政さま、また学校さまにもご協力をいただいている子育て支援事業です。
是非ご家族総出で遊びにきてください!!
皆さまのお越しをお待ちしております(*^^*)

Newurala_1p Newurala_1p
2017
06.06
Tue.
園庭の工事
テーマ 園より ,木育
園庭の工事をしています。 もうすぐウッドデッキと芝生の園庭が出来上がります。

こんなオブジェも登場しますよ。 DSC06045 DSC06042 2017-04-05 11.49.29 HDR
2017
04.10
Mon.
遊びの多様性
テーマ 園より ,木育
少し遊びをご紹介させていただきます。
下記の写真にある「サボテンバランスゲーム」
普通は、お互い交互に刺していき倒れたほうの負け、というゲームです。が、これも固定概念を崩していくと様々な遊びが展開できます♪♪
2セット用意して早く立てたほうが勝ち!とか差す土台を人が持って揺らしながら立てていったり、しまいには、下の画像にあるようにロケットを作ったり、モグラを作ったり、最後はコマにして遊んだり。
この玩具はこう遊ばないといけない!という決まりは決してありません。子供たちは創造力を高めるために様々な遊びを発見していきます。また、大人が思いもしないような遊びを発見したりします。
子どもたちの遊びが広がるように「見守る」ことも大事なのです。
園の子供たちにもたくさん新しい「遊び」を発見してもらいたいですね♪♪
71JEHmJRgaL._SL1500_ IMG_5730 IMG_5731-1
2017
03.06
Mon.
遊びの概念を崩す
テーマ 園より ,木育
先日は木育カリキュラム「玩具遊び」を行いました!!
東京おもちゃ美術館から遊びのプロ、岡田先生、吉川先生にお越しをいただき、「遊びの固定概念を崩す」をテーマに遊びの重要性、遊びからの子供たちの育み、について会議・研修・現場視察をしていただきました!!
やはり、玩具を通じての遊びはいいなぁと思いました!!子供たちの表情はもちろん、我々職員が楽しくなる「遊び」
遊びから育まれる実体験は感性が育まれるとても重要な栄養です。
やはり、子供たちに最高の遊びと得てもらうためには、まず「大人が楽しまなければ!!」子どもたちが「笑顔」ななるためには「大人が笑顔でなければ!!」簡単なようでとても奥の深い研修となりました。
IMG_5739 IMG_5741 IMG_5743 IMG_5744 IMG_5745 IMG_5747 IMG_5752 IMG_5753 IMG_5754 IMG_5755 IMG_5757 IMG_5759 IMG_5760 IMG_5761 IMG_5762 IMG_5763 IMG_5720 IMG_5723 IMG_5726 IMG_5730 IMG_5731 IMG_5733 IMG_5736
2017
03.06
Mon.
寄贈式
テーマ 園より ,木育
先日、「福井市」様、「福井森林組合」様、「農林中央金庫富山支店」様合同のCSR、県産材の「テーブル」「積み木」を寄贈していただきました!!当園の「木育」の取り組みが今回このような形で寄贈式を迎えられました。
寄贈式には、年長さんが出席させてもらい、メディアの方々も多数見えられました。
「森」の説明、「森の紙芝居」を聞いて、「森林」のことを学んだ子供たち。
早速、寄贈していただいた積み木で遊びました!!
今日改めて感じたことは、子どもたちがまず木の「質感」を触って確かめ、次に「匂い」をかいでいたことです。「五感」を使い「感性」を豊かに使っている証拠でもあります。
私たちよりも、「木」に詳しくなっている子どもたち。あっというまにテーブルと積み木の材の名前を言い当てていましたよ♪♪
DSC00155 DSC00157 IMG_5703 IMG_5708 IMG_5709 IMG_5710 IMG_5714 DSC00131 DSC00135 DSC00137 DSC00139 DSC00142 DSC00147 DSC00150 DSC00152 DSC00153 DSC00154
2017
03.06
Mon.
誕生祝いおもちゃ(ファーストトイ)
テーマ 園より ,木育
先日誕生祝い品(ファーストトイ)をプレゼントした職員からお子様のお写真をいただきました!!

おもちゃを握ったりできるようになって楽しく遊んでくれているとのこと♪♪

こんな写真をいただくととてもうれしくなります(*^^*)

「子どもは日々成長」ですね♪♪

15724889_1387609367936645_6650458922390949777_o 15732152_1387609361269979_7105617602206354521_o 15732706_1387609364603312_2230409214822742336_o
2017
01.04
Wed.
クリスマス会
テーマ すみれ組 ,たんぽぽ組 ,ひまわり組 ,もも組 ,ゆり組 ,園より ,木育
前回の木育カリキュラムを終えて先日は、「クリスマス会」

サンタさんがきて大喜びの子供たち。

子どもたちお手製の「蜜ろうそく」「オーナメント」「森の積み木」もセッティング♪♪

キレイにクリスマス会に花を添えていました(*^^*)

15625956_1387602161270699_2776832830636280573_o 15698248_1387602277937354_759815796297112384_n 15723354_1387602374604011_4228778973057815408_o 15724764_1387602284604020_3921832554539856512_o 15732047_1387602154604033_3875957976824580496_o 15774765_1387602371270678_9031915117026060997_o 15774886_1387602271270688_8473785381853225121_o 15775066_1387602164604032_1209350398280789264_o
2017
01.04
Wed.
木育カリキュラム クリスマスオーナメント作り
テーマ すみれ組 ,ひまわり組 ,ゆり組 ,園より ,木育
先日は冬の木育カリキュラム「クリスマス」の事前研修と当日保育実施を行いました。

3歳児は「蜜ろうそく」4歳児は「オーナメント」5歳児は「森の積み木」を作りました。

全クラス事前の導入として、パネルシアターでクリスマスの文化を学び、木のヤスリ掛けなどを行いこの日を迎えました。

今回も岐阜県より木育インストラクター講師の福島先生にお越しをいただき職員総出で、ノコギリの使用方法、子供たちへの促し方、注意事項等をレクチャーいただきました。

今回4歳児さんは金槌(ゲンノウ)5歳児さんはノコギリを使用するため、保護者の皆さま、木育団体の皆さまなどにも当日ご協力をいただき、子供たちが安全に道具を使えるよう指導をいただきながら進めていきました。

初めて使う道具に悪戦苦闘の子供たち。

危険な行為に見えるかもしれませんが、「自分で作る」「作ったものを使う」とても大切なこと。

また、大きなケガにはつながらないよう配慮はしておりますが、そこでもし、少し痛い思いをしてしまっても、それもとても大切な経験。

「道具」は一歩間違えれば「凶器」になりますが、きちんとした使い方を覚えればとても有能な道具になります。

自分が痛い思いをしたものを「他人」に向けようとはきっと思わないはずです。

ただの「木工」ではなく前後の「過程」まで踏まえるからこその木育カリキュラムです。

自分たちで制作したものが活躍する楽しいクリスマス会になるといいね♪♪

ご協力いただきました、保護者の皆さま、木育団体の皆さま本当にありがとうございました!!

IMG_5585 IMG_5587 IMG_5596 IMG_5598 IMG_5600 IMG_5553 IMG_5554 IMG_5555 IMG_5558 IMG_5563 IMG_5564 IMG_5565 IMG_5569 IMG_5572 IMG_5578 IMG_5581
2016
12.28
Wed.
5歳児自然体験
テーマ 園より ,木育 ,自然体験
5歳児が六呂師高原へ自然体験活動に行ってきました!!

今回は「木」や「木の実」のことも学びながら活動しました。

どんぐりの種類やホウバ味噌のホウノキ。ホウノキの大きな葉っぱを使って仮面を作ったり、「ムカゴ」を取って食べたり、子供たちも力いっぱい五感を使って活動していました(*^^*)

IMG_5394 IMG_5398 IMG_5400 IMG_5405 IMG_5406 IMG_5407 IMG_5412 IMG_5415 IMG_5418 IMG_5419 IMG_5383 IMG_5385 IMG_5387 IMG_5388 IMG_5390 IMG_5392
2016
10.21
Fri.
自然物のままごと遊び
テーマ 園より ,木育
木育カリキュラムでも定着してきた「自然物のままごと遊び」に狐川へ遊びに行きました!!

岐阜県の木育講師の福島先生にお越しをいただいてのカリキュラム。前日に「木育の講座」。当日は本当に子供たちのいろんな一面を発見できました!!

きれいなコース料理のような盛り付けをする子。手巻き寿司に見立てて、草の茎を利用して中の具材を葉っぱで結ぶ子。オナモミ(引っ付き虫)を葉っぱにつけて、マジックテープ変わりにくっつけるお友達までいました!!その子は、事前に様々な葉っぱを手で触り、オナモミがくっつく葉、くっつかない葉の発見までしていたから驚きです。まさに、大人では考えつかない創造力ですね♪♪

IMG_5323 IMG_5325 IMG_5327 IMG_5332 IMG_5336 IMG_5338 IMG_5341 IMG_5344 IMG_5346 IMG_5348 IMG_5349 IMG_5350 IMG_5351 IMG_5319 IMG_5321
2016
10.17
Mon.
キッズデザイン賞受賞
テーマ 園より ,木育
当めぐみこども園の木育に対する取り組みがこのたび「第10回 キッズデザイン賞」(主催:キッズデザイン協議会、後援:経済産業省、消費者庁) を受賞させていただきました。キッズデザイン賞はアマゾンなどにも特集が組まれている子どもたちのための成長を促進する取り組みを行っている団体へ贈呈されます。

非常にありがたいことであるとともに、今後ともより一層の「子育て支援」の場として「子どもたち」と共に成長できればと思っております。今後とも当めぐみこども園をよろしくお願いいたします。

プロジェクト名:木づかう心、豊かな感性を育むめぐみこども園木育プロジェクト

<キッズデザイン賞とは> キッズデザイン賞は、「子どもが安全に暮らす」「子どもが感性や創造性豊かに育つ」「子どもを産み育てやすい社会をつくる」ための製品・空間・サービスで優れたものを選び、広く社会へ伝えることを目的としています。子どもが使う製品はもちろん、大人・一般向けに開発されたものでも、子どもや子育てへの配慮があれば応募可能です。日用品から住宅、街づくり、ワークショップ、調査研究まで幅広い分野が対象となっています。受賞作品には「キッズデザインマーク」の使用が認められます。
<キッズデザイン協議会とは> キッズデザイン協議会は、次世代を担う子どもたちの安全・安心の向上と、健やかな成長発達につながる社会環境の創出のために、経済産業省と有志による企業や団体が業種を超えて集い合うNPOです。
<キッズデザイン賞WEBサイトのURL> http://www.kidsdesignaward.jp/
キッズデザイン賞ロゴ 0001 0002 0003 0004 0005
2016
09.08
Thu.
おもちゃ遊び研修
テーマ 園より ,木育
おもちゃ遊びの講師に「東京おもちゃ美術館」の石井先生、福井のおもちゃコンサルタントマスター南出先生にお越しをいただき「こどもたちの遊び」「職員の保育の中での遊びの導入」について指導にきていただきました。

「遊び」は「幼児期」において最も重要な「教育」であり、遊びから子供たちの「創造力」「人間関係」「自主性」を「育む」とても重要な「体験」になります。

当園で取り入れているおもちゃ(グッドトイ)はこどもたちの遊びの重要な「ツール(道具)」になります。

また、遊びは子供たちの生活の中で最も「情緒の状態」が現れる、我々保育者が特に視点をおいておかなければいけない場でもあります。

今回の指導で子供たちへの遊びの重要性、おもちゃの日常の保育への落とし込み、また、その上で私たち保育者が「遊びをおもいっきり楽しむ」こと。その再認識ができ、多くの気付きをいただきました。

また、今後の子供たちの成長によい影響をもたらすことができるよう日々精進していきます!!

2016-07-14 13.46.46 2016-07-14 13.43.20 2016-07-14 13.40.02 2016-07-14 13.38.27 2016-07-14 13.35.01 2016-07-14 13.31.46 2016-07-15 11.20.11 2016-07-15 11.18.45 2016-07-15 11.18.31 2016-07-14 19.43.00 2016-07-14 18.50.51 2016-07-14 18.25.02 2016-07-14 14.56.56 2016-07-14 14.30.04-1 2016-07-14 14.11.51 2016-07-14 14.02.58 2016-07-14 13.57.16-1
2016
07.20
Wed.
保護者参観日
テーマ 園より ,木育
土曜日は「保護者参観日」でした。
当園では昨年度から、参観日の日に親子で一緒に「木育カリキュラム」の体験をしてもらっています。
今回、2才児「木育ルームで遊ぼう」
   3才児「森のお守り作り」
   4~5才児「自然物のままごと遊び」
を行いました。
2才児は親子で楽しく木育ルームで「グッドトイ」で親子で遊んでもらいました。まず、当園の「おもちゃコンサルタント」からおもちゃの遊びについての説明、後保護者のかたにまずおもちゃで遊んでもらってから親子での触れ合いです。小さい子用のけん玉や、ひっつき毛虫のおもちゃなど年齢に応じたおもちゃを配置し、親子で自由に五感で「木」を感じてもらいながら遊んでもらいました。
3才児は昨年の参観日でも行った「森のお守り作り」です。
「木」がどのようにしてお守りの形になったのか?パネル・絵本・また、丸太を見せたり、実際に輪切りの木をカナヅチで割ってみせたり。ただ、実施をするだけでなく「導入」を部分をどう子供たちに伝えるか。そこが重要になってきます。そして、ヤスリ、オイルを塗って自分たちで作ったお守りをカバンにつけて、ずっと、使ってもらう。なにかあれば自分でメンテナンスをする。とても大切なことです。
4~5才児「自然物のままごと遊び」です。
「木育」と聞いて室内の活動を思い浮かべる方が多いかと思いますが、木育は外での活動もとても重要です。むしろ身近な室内の環境から関心を持ってもらい、最終的に「外」へ「森」へ目を向けてもらう活動とも言えます。公園で、草木を取ったり、先生たちが事前に集めてきた「枝」や貝殻もありました!!それを、自分たちでご飯に見立て、「この石は、お豆!!」「この草はお野菜!!」中には貝殻を閉じて「蒸し焼き」にしている子も!!子供たちの「見立て遊び」。自然物で見立て遊びをしていると、ふと道を歩いていても「創造力」豊かに風景を見ることができます。
今回の「木育カリキュラム」で少しでも、子供たちだけでなく、保護者の皆様にも当園の取組みをご理解、また共感していただければ幸いです。
そして、カリキュラムの後はコンサートです!!保護者会の皆様が主催となって地元の「コパン」の皆様の演奏。子供たちにとっても初めて生で聞く楽器の音色がとても新鮮で、アニメソングなどのなじみのある曲も織り交ぜていただき口づさんでいました♪♪
そして、一緒に給食をたべて、子供たちからおとうさん、おかあさんにプレゼントを渡して無事、参観日が終わりました。
やっぱり保護者の皆様がきたときの子供たちの「笑顔」はとびきりでしたね(^^)

2016-06-11 09.18.51-1 2016-06-11 09.05.31 2016-06-11 09.21.33-1 2016-06-11 09.11.03-1 2016-06-11 09.23.34-1 2016-06-11 09.36.55 2016-06-11 09.35.51 2016-06-11 09.30.59 2016-06-11 10.25.19
2016
06.13
Mon.
イスのメンテナンス
テーマ 園より ,木育
年長さんがイスのメンテナンスをしました!!
マエダ木工さんの「福井県産杉材」のイスで、とても木の目が美しいイスで座り心地もとてもよく子供たちにも人気です♪♪
子供たちに自分で使っているイスに愛着を持ってもらおうと「イスの修理屋さん」になってもらいました。
ペーパーでまず150番を使い、後220番で仕上げです!!木の目に沿って磨き、触ってみて角がないか、痛くないか確認している姿は職人そのものです。
最後に、「米ヌカ」でオイル仕上げで、イスはツルツルです!!
こうして、子供たちが日常使うものに携わらせることでその「もの」に愛着を持ち、そのイスがどのようにして作られたかという「過程」まで目を向けてもらいます。
これも、当園の「木育カリキュラム」の一環です。
木の「におい」を嗅ぐことに慣れてきた子供たち。ヤスリで削った木の粉を嗅いで「イイニオイ♪♪」と言っていましたよ(^^)

2016-06-08 10.27.43 2016-06-08 11.03.19 2016-06-08 10.57.44 2016-06-08 10.53.22-1
2016
06.08
Wed.
第2回「おもちゃ博~ふくい木育キャラバン」
テーマ 園より ,木育
第2回 「おもちゃ博~ふくい木育キャラバン」を開催いたします!!

期日:
6月25日(土)10:00~17:00
6月26日(日)10:00~16:00
開催場所:
福井県産業会館2号館展示場
入場料:
無料(※1部ワークショップのみ有料)
当園で昨年から行っている行事で、「木育」の啓蒙活動として、今年度より主催を「モックイック~木育推進委員会」にお願いをし、木に触れて豊かな心を育てようと昨年初めて開催し1万8千人もの来場者の方にお越しをいただいたイベントを今年も開催いたします。
昨年の実情を踏まえ、会場を広げ、子供たちに「ゆったり」と遊べるように考慮しております。
当日は
・「グッドトイ」と呼ばれる良質なおもちゃを300点以上用意し遊んでみよう!!
・26店舗の「木育ワークショップ」で木に触れあい制作してみよう!!
・「六角つみきのドミノ倒し」「カプラチャレンジ」「つみぼぼ選手権」にチャレンジしてみよう!!
・「おいしいグルメ大集合」ふくいの有名店が大集合!!
など盛りだくさんのイベントとなっております。
ぜひ、「子どもからお年寄り」までお気に入りのおもちゃを見つけて楽しく1日遊びましょう!!
当日は「グッドトイ」の販売も全国で初めて行います!!
皆様のお越しを心からお待ちしております。
当めぐみこども園のブースもあり、当園で実施している「木育カリキュラム」を体感できます。よろしくお願いいたします。
お問合せ
社会福祉法人 めぐみこども園 まで
TEL 076-36-5057
フェイスブックページ
https://www.facebook.com/tomohiro.nakato
関連ページ
モックイック~木育推進委員会
https://www.facebook.com/mokkuikku

!cid_A9FB598CE0434FA992B87AA2CB06CBFD@ANSRN!cid_DBBA0A92277B4AE7973A7EA90862371A@ANSRN
2016
06.07
Tue.
5才児自然体験
テーマ ゆり組 ,園より ,木育 ,自然体験
5才児が自然体験で六呂師までいってきました!!

森の中で遊んだり、よもぎを探しておせんべいを作ったり!!

笹の葉を集めてお茶を作って飲んだり。

よもぎや笹の葉がどんなところに生えているかもわかり、子供たちが自然に溶け込んでいくのがわかり五感で様々な実体験ができていると感じました。

当園ではこの自然体験も「木育」の一環として行っています。

子どもをはじめとするすべとの人たちが「木とふれあい、木に学び、木と生きる」。子どものころから、木に身近に触れることによって、人と、木や森との関わりを主体的に考え、様々な実体験を通して豊かな心を育む。

人間は生きていくなかで、様々な「人」や「物」にご縁をもらって生きています。

私たちも生活の中で「木」との関係性は切っても切れるものではありません。様々な所で木材が使われ、外の環境の中でも「木」があります。まさに、木と共に生きているわけです。

子供たちがこういった「木」に触れる活動を通して、少しでも「木」を身近に感じてもらえたらありがたいことです。

2016-05-19 13.26.13 2016-05-19 12.21.55 HDR-2 2016-05-19 12.34.31 HDR-2 2016-05-19 12.36.52 2016-05-19 12.47.00 2016-05-19 12.52.41 HDR-2 2016-05-19 12.55.20 2016-05-19 13.10.07
2016
05.25
Wed.
木育カリキュラム(水の積木作り)
テーマ 園より ,木育
しばらく更新が滞っておりました。申し訳ありません・・今回は、今年度から実施しております「木育カリキュラム」についてご紹介させていただきます。

「木育」は決しておもちゃ遊びだけではなく、「木に触れる文化」を築いていくことが重要なのです。

今回そのカリキュラムの一環として「水の積木」を3,4,5才児の子供たちと一緒に作製しました。

講師に岐阜県をメインに「木育インストラクター」の講師も務めていらっしゃる福島先生にお越しをいただきました。

まず、子供たちに木について知ってもらい、どのように今の形になったのか理解を深めてもらいます!!丸太に触れ、材に触れ、においを嗅いでもらいました。

そして、子供たち自身で、ヤスリを使って積木を削ります。木の目、削り方、最初は苦戦していたこどもたちも後半はとても上手に面取りまで、できていました。削ったときに出る木のにおいや、だんだん表面がツルツルになっていく感触がとても嬉しそうでした。最後は仕上げに「蜜蝋ワックス」を塗って出来上がりです!!

このカリキュラムは「無印良品」でも行われた企画で、今回の積木はまったく同じキットとなっております。すべて材の違う積木。つまり、重さが違う積木を水に浮かべて沈まないように積み上げていきます。これからのプール遊び大いに活躍しそうです。今回の積木は、使用したあとは陰干しをして、片づけるときはまた、ヤスリで削ります。子供たちにその物のすべての過程に関わらせていきたいと思っています。

「木育カリキュラム」では過程(ストーリー)を大切にしています。

その物が、どうやってこの形になったのか。そして、それを自分で作り、大切に大切に自分でメンテナンスしながら使っていく。

当たり前にその物があるのではなく、その物に「愛着」を持ってもらうことが大切です。

今後も「木育カリキュラム」続けていき、これが特別なことではなく、日常の保育の中に浸透していくことが大きな目標でもあります。

今後も皆様方にこの活動にご理解をいただけると幸いです。

2015-07-14 09.41.092015-07-14 09.42.07 2015-07-14 09.43.14 HDR 2015-07-14 11.34.012015-07-14 09.59.07 2015-07-14 14.21.33 2015-07-14 13.47.23 2015-07-14 13.45.462015-07-14 11.27.16 2015-07-14 11.29.26
2015
07.16
Thu.